麻酔クリーム 時間 効果

麻酔クリームの効果の持続時間

麻酔クリームを塗ってからどれくらいの時間で効果がでてくるのか?

どれくらいの時間効果が続くのか?

ラクサールクリーム(Racser)5%

【麻酔クリーム時間測定に使用したラクサールクリーム】

>> 麻酔クリーム(ラクサールクリーム)の詳細

 

効果には個人差があるのですが、わたしの場合の効果時間を記録しました。

目安になると思いますので公開いたします。

 

下記はダーマローラーを使うために、顔に麻酔クリームを塗った時の記録です。

 

麻酔クリームの効果が出るまでの待ち時間と切れる時間

12:47(0分)顔に麻酔クリームを塗る(薄く伸ばして塗りました)

12:49(2分後) ヒリヒリしてくる

12:52(4分後) かなりヒリヒリする(すでにかなり効いてる)

13:00(13分後)塗った個所はしびれているけど、ダーマローラーを使うと普通に痛みを感じる

13:07(20分後)麻酔の効果が出ている。もうほとんど痛さを感じない。

13:37(40分後)感覚にして20%くらいしか痛さを感じない。ヒリヒリに慣れたせいか、ヒリヒリをそんなに感じない。

13:54(57分後)麻酔が引いてきたのか、いつもの感覚に戻ってきた

14:08(71分後)麻酔クリームの効果がかなり薄れてきた感じがするも、まだ効果はある

15:07(80分後)ほぼ効果が切れる

 

麻酔クリームを塗ってから約20分後から、ほとんど痛みを感じない状態になった。

さらに効果がMAX状態になり30分前後の時間麻酔クリームの効果は続いた

麻酔クリームを塗ってから約60分後から徐々に効果が切れてきた

 

効果が出た後は「ダーマローラー」や「家庭用脱毛器(ブラウンシルクエキスパート等)」で脱毛しても痛みを感じませんでした。

体に塗った場合も、一番痛くて脱毛できないところでも(VIO脱毛など)ほとんど痛くありませんでした。

 

ラップでさらにしっかりと麻酔クリームを浸透させると、さらに高い麻酔効果が出ました。

麻酔クリームをラップで抑えると高い効果が得られる

乾燥している部屋で使う場合は、麻酔クリームが揮発してしまうのでラップで麻酔クリームを密封し「30分前後浸透」させるとより効果的でした。

 

>> 効果時間測定に使ったラクサールクリームの詳細

 

 

麻酔クリームの効果時間の記録

(30分後)13時20分→効果が出た時間

(60分後)13時47分→効果がMAXだった時間

(120分後)14時47分→効果が切れた時間

 

今回記録してわかったのは、おもったより早くヒリヒリしびれ

思ったより長く感覚が麻痺していました。

 

クリームは気持ち「厚め」に塗り、皮膚が直接見えない程度に塗りました。

また家庭用のラップで上からカバーすると、少ない量の麻酔クリームでより高い効果が持続しました。

 

使用したのは、ラクサールクリームです。

エムラクリームでも同じ時間で麻酔効果がありました。

 

家庭用脱毛器で脱毛する時に「麻酔クリーム」を使う時も、ほぼ同じ時間で麻酔効果がでました。

そして同じ時間で効果が切れました。

 

VIO脱毛の時は麻酔クリームは必須なのですが、わたしの場合は30分経過後から無痛状態になります。

 

落ち着いてダーマローラーをかけたり、脱毛処理をする時間的な余裕があります。

麻酔クリームを使用する時の、時間の目安になれば幸いです。

 

麻酔クリームの使い方はこちら♪

麻酔クリームの使い方

>>麻酔クリームの使い方